れん・しゅぽると

エクスタシーコレクション

松文館:AV COMICS:ISBN4-7901-0457-5

125ページ:14話(短編)

平成11年8月25日:\900(\857)


コミック姫盗人で連載されたものをまとめたものだそうです。

表紙にもあるとおり全編オールカラーです。

お話的には様々なシチュエーションでのレイプものなんですが、カラーっていうのは思った以上に説得力があるものです。

モザイクの感じが薄消しのAVの様です。

 


恥辱の虜囚

松文館:AV COMICS:ISBN4-7901-0504-0

149ページ:9話(中短編)

平成12年1月15日:\890(\848)


表紙とタイトルのイメージほどにはダーク系ではありませんが、Hシーンの読み応えは十分です。

近親相姦、レズ、監禁調教といったテーマで書かれています。監禁調教ものは割とおきまりのパターンではありますが、この本の中ではもっともダークなものです。

絵的には割と地味なほうだと思います。

 


ファックコレクション

松文館:AV COMICS:ISBN4-7901-0633-0

124ページ:14話(短編+イラスト)

平成12年12月25日:\930(\886)


全編カラーシリーズの第3弾です。前後のストーリーなしでファックシーンだけをカラーで描いているシリーズです。

カラーなので見た目のおもしろさはありますが、ストーリーが無い分物足りなくもありますね。