船堀斉晃

UNDERWORLD

FUSION PRODUCT:PAIKUU COMICS:ISBN4-89393-231-4

197ページ:7話(短編)

平成11年4月1日:\970(\924)


「エヴァンゲリオン」「セーラームーン」などを題材としたアニパロものです。

同人界では有名な方なのでしょうか?作者紹介には「濡れ濡れ」系の液体魔人と書かれています。

「エヴァ」と「セラムン」がだいたい50対50くらいで収録されていて、そのほか数編で構成されています。

「セラムン」はよく知らないのでなんとも言えませんが、「エヴァ」はよく書けているんじゃないでしょうか。SEXシーンもわりと濃厚ですし。


淫縛学艶

コアマガジン:ホットミルクコミックス:ISBN4-87734-332-6

179ページ:2話(長編)

平成12年1月20日:\1,050(\1,000)


主人公と不良の男子生徒が賭をします。3ヶ月間の調教を受け、快楽に溺れなければ主人公の勝ち。溺れれば男の勝ち。そんなきっかけで始まる学園内調教ものです。

全体としての話は悪くないですが、ページ数の割には調教自体は単調ですね。

基本的には無理矢理に犯されてるはずなのに、簡単に受け入れすぎだと思います。

巻末に「放課後マニア倶楽部」の小説に使われたイラストが17点掲載されています。小説に使われたものより修正があまいですので、興味のある方はどうぞ。

 


隷嬢百貨店

コアマガジン:ホットミルクコミックス:ISBN4-87734-389-X

183ページ:10話(短編)

平成12年9月19日:\1,050(\1,000)


表紙とタイトルに惹かれて買うとはずします。表題作の「隷嬢百貨店」は、友達の万引きに巻き込まれて捕まった少女が、調査という名目で犯され、果てはレンタル奴隷にされちゃうお話です。

ですが、この本の中心になっているのは、「轟け雷光」という武闘漫画シリーズで、その他の短編も妖怪が出てきたり、呪われた剣が出てきたりとファンタジー系の作品になってます。

全般的にエロよりはお話重視な構成になってます。